たったひとつのたからもの

26日に放映されて瞬間視聴率35.3%を記録したというドラマ「たったひとつのたからもの」
ビデオに録画してあったものの、中々観れずにいたのだけど、今日たまりにたまったアイロンかけをしながら観てみた。
ドラマは生後1カ月でダウン症と診断され、わずか1年の命と宣告された秋雪くんが、両親の愛情に包まれ、6年2カ月、一生懸命生きた日々を描いたドキュメンタリードラマ。

話題になった生命保険のCMは本当に良かったので なんで松田聖子が母親役なのか、せっかくの良い話が汚されてしまうような気持もあり、あまり期待はしていなかった。
でも、以外にも良かった 松田聖子。
かつて、どのドラマでもあきれる程の大根役者ぶりを披露していたのがウソのよう。
相変わらずの派手な顔は松田聖子に違いないのだけど、セリフがとても自然で 完全に母になり本気で秋雪くんを愛おしく思っているのが感じ取れた。
松田聖子という女性は、あまり好きではないけど この人もきっと色々苦労して子育てをしてきたんだろうな、なんて考えてしまった。
ドラマのセリフがとても良くて、秋雪くんは本当に天使のようにかわいくて、久々に涙が止まらなかった。
[PR]
by rupinasu_3 | 2004-11-01 08:56 | 主婦の日常


<< Shall We Dance? 柿の実 >>