「立川防災館へ行こう!」に参加

市の催しで、防災施設体験会「立川防災館へ行こう!」というのがあったので参加してきた。
いちご(小5)とその友達2人で、参加しようとしたら 小学生は保護者同伴だったので 私も一緒に行く事に。
防災館とは、一言で言えば 災害の体験学習施設。

最初に入ったのは「防災ミニシアター」
プラネタリウムのようなスクリーンシアターで、地震災害の様子を映画で観るんだけど これが結構恐かった。
視界に入る部分が、全部スクリーンなので 臨場感がすごいのはもちろん、いつか自分の身に起きるかもしれないという恐怖が、沸き上がってきた。

次は「地震体験室」
ここでは、実際に震度7の地震を体験。
震度3から 徐々に大きくなっていく地震を体験するんだけど、震度5を超えると とても立っていられなくなり、7になると  テーブルの下にもぐってその脚にしがみつくのが精一杯。
地震がきたら、火の始末、出口の確保が必須なのだけど、頭でわかっているだけでは中々動けない。家でも 家族みんなで実際にシュミレーションしてみる事の大切さを実感。

そして「煙体験室」
これは火災で停電した建物の中、体を低くして出口に向かうんだけど、中はちょっとした迷路のようになっていて、いくつもある扉は開かなかったり、行き止まりがあったりする。
練習とわかっていても、煙が充満した暗い部屋の中、出口を探して迷っている時間は結構ドキドキしてしまった。この時、子ども3人連れて 先頭を進んでいた私。通路と扉を探すのに必死で、非常灯の案内が全く目に入っていなかった。情けな〜い。
まずは、非常灯を探して 案内に従い むやみに動き回っちゃいけないのよね。わかっていると思ってたのに。。。。
その後、消火訓練、通報訓練等あれこれ 体験して かなり有意義な時間を過ごす事ができた。
今日は時間が無くて体験できなかったけど、応急救護訓練では 心臓マッサージや人工呼吸を教えていただけるそうなので、今度は家族でゆっくりいってみたいな。
[PR]
by Rupinasu_3 | 2005-03-26 09:35 | おでかけ色々


<< 絶品!!「愛鷹ぷりん」 今さらですが「冬のソナタ」 >>