ミュージカル「アニー」

娘達が アニーの年令の頃に 観せてあげたいと思っていたミュージカル「アニー」を、日曜日に観てきた。

とにかく、最初っから 子ども達の演技力、歌唱力に圧倒されてしまった。
特に、9000人の応募者の中から オーディションで選ばれたという アニー役の子は 「素晴らしい!」 のひと言。10才にしてこの歌唱力! 将来が楽しみ。
歌が上手いだけではなく、歌の心 歌詞の言葉が ひと言ひと言 胸の奥に響いてくる。
辛い境遇の中でも、希望を捨てずに明日を夢見て 
アニーが澄んだ声で 歌い始めると もう感動の涙が。。。。<最近 涙腺弱くて・・・

「トゥモロー」は、有名な歌だから 何度も聞いた事があった
でも、この日の舞台で アニーが歌った 「トゥモロー」は 特別に、私の全身に染み込んできた気がする。
毎日暗いニュースが新聞を賑わし、本当に気が滅入るときがある。
明日という日は、本当に今日よりも良い日なのか、信じられなくなる事がある。
それでも、明日に希望を持つ事は 大切な事なのよね。

孤児院の経営者で子ども達をこき使う ミス・ハニガンを演じていたのは荻野目慶子さん。毒の強い役はお手のものってカンジで、迫力あったわぁ。
アニーを招いた 大富豪のオリバーは 名高達郎さん。
役としては 合ってたけど 歌が・・・・  (´ヘ`;)
オリバーの秘書は、岩崎良美さん。この人、歌だけじゃなく ちゃんとした演技もできる人だったんだぁ。貫禄と品があって、素敵なグレース♪

家についてから、感動の歌をくちずさもうと したものの、歌詞がわからず・・・・
CDを買ってくれば良かったと、大後悔
c0069222_14472480.jpg

[PR]
by Rupinasu_3 | 2005-04-26 14:59 | 映画・観劇


<< 今日の文庫 ひさびさの原宿 >>