<   2005年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ディズニーランド

おっと君の会社の日帰り旅行で、ディズニーランドに行って来た。
運動会の翌日で、ちょっとキツいかと思ったけど、子ども達は明日が振替休日だから、今日は少々無理しても大丈夫。
今日は8時オープンとの事だったので、みんなで頑張って早起き!
道路は空いていたので、1時間程で到着。
入場すると人気のアトラクションの前は既に行列、ファストパスも1時間待ちの列ができてしまっている。
まぁ、この辺の混雑は予想通り かな。
たとえディズニーランドでも、よほどの事がなければ30分以上は並ばない主義なので 行列を横目に トゥーンタウンに行ってみると、案の定まだこちらには ほとんど人が流れて来ていなかった。ロジャーラビットにもすぐ乗れて、ブラブラしていたら あっという間に混んで来たので 
ブラブラとファンタジーランドへ スモールワールドは80分待ちとの事、ここは 3時過ぎると 待ち時間が急激に減ってしまうので、80分待ちでは絶対並びたくない。
シンデレラ城のミステリーツアーに行ってみると、10分待ちとの事。これはちょっとラッキー!
ここを出た頃には、どこもかしこもすごい行列だったので、トムソーヤ島へ行ってみる。
いちご(小6)は、本を読んだので ここに来るのを 結構楽しみにしていたのだ。
地図を片手に洞窟を探検したりして、のんびり過ごしてから 混まないうちに ちょっと早めのランチ。
こうやって、5時くらいまでは ブラブラしながらのんびり空いているところだけ まわるのが我が家流ディズニーランドの楽しみ方。
日曜日は5時過ぎると、いっきに子ども連れがいなくなってしまうので 小さい子向きのアトラクションは、この時間を過ぎると 待ち時間がほとんどなくなくなってしまう。
さ〜、行くぞってかんじ。
次の勝負は、夜のパレード以降の時間帯。
ピーターパンは15分待ちで、おまけに待ち列からはパレードがよく見えるので得した気分。
バズ・ライトイヤーのアストロブラスターも30分待ち程度。
プーさんもすぐに乗れて、最後にビッグサンダーマウンテンに3回連続で乗ったところで、閉園時間。
楽しかったけど、もうヘトヘト・・・
c0069222_2244036.jpg

[PR]
by Rupinasu_3 | 2005-05-29 21:29 | おでかけ色々

運動会

朝からよく晴れていいお天気、運動会日和だ♪
いちご(小6)にとっては 小学校最後の運動会、ちょっと淋しい気がするなぁ・・・
5年生と6年生は、合同の競技が多いので カメラマンとしてはどちらを写すべきか迷ってしまう。
順番に登場する競技は問題ないものの、同時に出てこられると困るわ〜
いちご(小6)とレモン(小5)が出るのは、騎馬戦、組み体操、徒競走等、
2人ともデカイので、騎馬戦でも組み体操でも土台のいちば〜ん下
縁の下の力持ちってヤツね。
まぁ、仕方ないけど ウチの子達のように 幼稚園から ず〜っと大きい子は
こういう競技がある度に支える役目ばっかりで、ちょっとかわいそうな気がしてしまう。
でも、そう思うのは親だけなのかな
子ども達は 土台の子もみんな一生懸命で、大きなタワーが完成した時はどの子もみんな誇らし気な良い顔だった。ビデオを構えながら感動してしまった。(涙)
c0069222_217369.jpg


プログラムの最後に選抜リレーがあった。
緊張した顔で入場してきたレモン。8番目に走るらしい。
結局レモンのチームは、レモンにバトンが渡る前から3位と差が開いた状態の4位だったので、最もレモンが恐れていた、誰かに抜かされてしまう という事態は避けられた。 
親もちょっと ほっと してしまった。
それでもレモンは、レモンなりに一生懸命走ったので走り終えた後は 満足そうだった。
自分に悔いなく走れれば、それが何より。


夜は ご褒美に焼き肉屋さん。外食で焼き肉は久しぶりで、つい食べ過ぎてしまった♪
c0069222_21281137.jpg

[PR]
by Rupinasu_3 | 2005-05-28 20:52 | 小学生の母してます

リレーの選手なんだけど・・・

今週末の運動会で、リレーの選手として走る事になったレモン
去年同様、また ギリギリでリレーの選手になってしまったようだ。
レモンより速い子は、ワンサカいるのに 紅白の分け方が またしても偏ってしまったらしい。
選ばれた4人の女子の中では、当然一番遅いらしいし しかも3番目に速い子とは 相当差があるようだ。
本人も、嬉しいような・・・嫌なような・・・複雑な心境のようだ。
紅白のチームがそれぞれ2チームに分かれて 全部で4チームが走るのだけど
チーム分けをした時、6年男子に「え〜っ! なんでこんな遅い奴がうちのチームなんだよぉ!」
なんて言われたらしく、その日はさすがに落ち込んでいた。
学校から帰ってから、近所を走ってみたり 色々やってみてはいるものの、リレーの練習では 何度も他のチームに抜かれてしまったらしい。
レモンは前向きに頑張っているので、親としても精一杯応援したい。
とにかく、最後まで諦めずに走る事。
抜かれる事もあるかもしれないけど、レモンの小学校で1番に速く走れる子以外は、全員が抜かれる心配を抱えながら走っているし、レモンよりずっと速い子だって、もっと速い子には抜かれる事はあるって事、話してみたけど 伝わったかな・・・・
運動会まで、後少し 親も気が休まらないわ。 
 
[PR]
by Rupinasu_3 | 2005-05-26 16:14 | 小学生の母してます

今日の文庫

〓今日の絵本〓
・まほうつかいのノナばあさん(ほるぷ)トミー・デ・パオラ
・ちびくろさんぼ(岩波書店)ヘレン・バンナーマン
・二ひきのこぐま(こぐま社)イーラ

c0069222_15561795.jpg今日私が読んだのは、イーラ作の写真絵本「二ひきのこぐま」
お母さんの留守中、夢中で遊ぶうちに遠くまで行ってしまい迷子になってしまった二ひきの小熊が
お母さんを探すお話しです。
これはもう、お話しに沿った こぐまの演技(?)、写真が可愛いので
写真があって、お話しがついてくる感じ、かな
ページをめくる度に「わぁ〜」「かわいい〜」のオンパレード。
写真が白黒っていうのも、リアル過ぎずちょうど良いのかも。
科学絵本なら、カラーでも良いのだけど、お話しのある写真絵本の場合は、カラーでリアルに全てを語りすぎるより、見ている方が頭の中で色をつけられるくらいの方が良いって思いました。
[PR]
by Rupinasu_3 | 2005-05-25 15:50 | 読み聞かせ日記

飯能市「あけぼの子どもの森公園」

c0069222_1459273.jpg

いちごのお友達親子等7人で、埼玉県飯能市の「あけぼの子どもの森」に遊びに行った。
この公園は、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンさんの『ムーミン童話』の世界を取り入れて作られた公園で、ムーミンの家を中心に自然の中で遊べる公園になっていて、大き過ぎず小さ過ぎず、お弁当を持って子どもと来るのにちょうど良い。
しかも、駐車場も入園料も「無料」というのが何より嬉しい。
埼玉県って、すごいっ! 太っ腹! 拍手〜!
「無料」なのに、ムーミンの家やその他の施設等々、どこも手入れが行き届いていてきれいだし、園内にあるスピーカー等、ムーミンの世界に無いような物には鳥の巣箱のような木のカバーを付けてカバーしてあったり、細かいところまで心遣いが行き届いていて素晴らしいと思う。
ムーミンの家の中は、地下まであって、木のぬくもりが温かく、可愛い雰囲気で 童話の世界そのものなんだけど、何より素晴らしいのは「禁煙」という文字以外に、「手を触れないで!」とか、「入らないで!」などのはり紙が無い事。
家の中のあちらこちらにある小さな扉を開けて中に入ると、それが2階につながっていたり、となりの部屋につながっていたり、思わぬ方から出て来たりできるのだ。

子ども達は、この不思議な家の中で あっちの扉を開き、こっちの扉を開き、そっちの階段から、3階の部屋まで一気に登ったり、夢中で家の中をまずは探検!
部屋の隅の窓辺には、ムーミンのなのかな? 小さなベッドや家具が置いてあって、探検しながら発見すると 大人でもかなり嬉しい!
   

到着後しばらくは貸し切りだったので、そこでかくれんぼが始まった。
こういう場所でのかくれんぼでは、いつもレモンが優位なのだ。
鬼の居場所を覗き見ながら、猿のように巧みに隠れ場所を移動するので 何回やっても最後まで見つからず、本人は大得意だったみたい。
ムーミンの家の他にも、ホールのある建物では昔遊びの伝承があったり、小さな図書館ではムーミンの本が読めたり、外には山あり川ありで 夢中で遊ぶうちにあっという間に時間が過ぎてしまった。
c0069222_14593441.jpg

[PR]
by Rupinasu_3 | 2005-05-22 14:35 | おでかけ色々

薔薇が咲いた〜♪

c0069222_932680.jpg

8年前に植えた時には、30cm程の棒が突き出たような苗だったのに
あれよあれよと伸びていって、2階のベランダに届き 屋根にも届きそうな勢い。
薔薇初心者の私は「とにかく、丈夫なのが良いんです」と言って、お店の方にこの薔薇を選んでもらったんだけど、その通りに、大した世話もしないでここまで育ってくれた。
お店の人の目に狂いはなかったって訳ね。
この後どう手入れをしたら良いのか、もっかお悩み中。
 
[PR]
by Rupinasu_3 | 2005-05-21 09:10 | 主婦の日常

しあわせハンス

c0069222_22252023.jpg『しあわせハンス』-グリム童話-(福音館)フェリクス・ホフマン絵、せたていじ訳

7年間も働いた給金としてもらった 頭程ある大きな金の固まりを持って 懐かしいお母さんの待つ家路を急ぐハンス。
途中で馬に会い、重たい金より 馬に乗った方が早く家に着けると考えて なんと金と馬を取り替えてしまうのです。ひえ〜っ!もったいない! と思っていたら
馬を扱いきれなくなって 次に牛と交換してしまう。 あら、まぁ馬の方が良いのに なんて思ってたら、次に豚、そしてがちょう、次に とぎやのとぎ石とどんどん 変な物に交換してしまう。
とぎやさんは ハンスにとぎ石を渡す時に、道ばたの石をおまけにつけてくれたりして 親切なんだかどうなんだか、そしてそのとぎ石は 泉に落としてしまい 結局ハンスは手ぶらで母の待つ家に帰っていくのだ。
しかも、身が軽くなって なんて運が良いんだ なんて考えてるし
「まったく、僕くらい幸せ者は、天下にいないや」なんて言いながら、幸せいっぱいの顔で 遠くに見える母さんと 家に向かって立っているのだ。これがラストシーン。
そして、題名が「しあわせハンス」

なんて馬鹿な事を! 7年も働いて 帰って来た息子は手ぶらかよ!
お母さんは、手ぶらの息子を どんな風に迎えたんだろう・・・・・
欲の深い私は、最初にこの絵本を見た時に ハンスはなんて馬鹿なのかしら と考えてしまった。

でも、あまりに晴れやかな 最後のページでのハンスの顔と 台詞を見ると  ま、いっか・・・とも思えてしまう。
夕食の時、いちご(小6)とれもん(小5)と3人で この話しで盛り上がってしまった。
れもん(小5)の言うことにゃ、ハンスはやっぱり幸せ者で 元気に家に帰れたんだから それで良いんだそうだ。お母さんは 給金がない事に怒ったりせず、無事に戻った息子を見て 喜んだに違いない との事。
いちご(小6)の言うことにゃ、何もなくなってしまったのは ちょっともったいないけど
元気に家に帰り着いて、お母さんが待っていてくれたんだから やっぱり幸せ との事。

なるほど〜、子どもから見ると この絵本で見えてくるものが違うのね
ちょっともったいない話しではあるけど、乗りこなせない馬よりは。乳の出る牛が良いし、食肉になる豚も良いし・・・・等々 
一つ一つの交換条件が ちゃんと納得できるものになっているらしい。
その結果、何も持たなくなってしまったけど お母さんの待つ家に元気に戻れたことは 何よりも嬉しいことで、そこで待つお母さんは 給金よりも ハンスが元気に戻ったことを 喜んでくれるに違いない って事ね。
子どもの価値観って、そういうところにあるのね。

でも、やっぱり私は「わらしべ長者」の人生の方がいいわ(笑)
[PR]
by Rupinasu_3 | 2005-05-18 22:24 | 絵本のこと話しましょ

今日の文庫

〓今日の絵本〓
・かもさんおとおり(福音館)ロバート・マックロスキー
・しあわせハンス(福音館)フェレクス・ホフマン
・どうながのプレッツェル(福音館)マーグレット・レイ文 H.A.レイ絵

c0069222_10543956.jpgどうながのプレッツェルは、私も大好きな絵本。
結婚したいほど大好きなグレタの為に、一生懸命なプレッツェルに向かって
「胴長はきらいなの!」と言い放つグレタはすごい! 
さすがアメリカの女という感じだわ。
しかも、このグレタちゃん プレッツェルが大きな骨をプレゼントしてくれたら
「骨をありがとう」と、ちゃっかり骨だけもらった挙げ句に
「でも、結婚してあげないわ。胴長は嫌いなの」と
言い残して骨だけ持って行っちゃう。
日本の絵本ではあり得ない台詞よね〜。でも面白い。
去年 小学校で4年生に読んだ時に、男の子が プレッツェルに同情して、「あ〜ぁ」とか「ひで〜!(グレタが)」とか、言ってたっけ。(笑)

今日私が読んだのは「しあわせハンス」でした。
[PR]
by Rupinasu_3 | 2005-05-18 21:58 | 読み聞かせ日記

小学校の読み聞かせ(5年生)

今日も、5年生のクラスで「くわずにょうぼう」(先週とは違うクラス)
この教室での読み聞かせポイントは、やんちゃで有名なK君が聞いてくるかどうか というところ。
騒ぎだすと止まらなくなっちゃうし、男の子のボス的存在なので 他の子も引きずり込んでしまうから、そうなると読んでいる方はかなり辛い。
でもね、このK君て 絵本は好きみたい。
最初にこっちを向いてもらえるかどうかが勝負なんだけど、一旦絵本の世界に入り込むと、誰よりもよく反応してたくさん笑ったり 歓声をあげてくれる。
今日はどうかな、と様子をみながら
「今日はちょっと怖い絵本です。」と、紹介したら いちばん前に来てくれた。怖いのが好きなのね・・・・。
今日は最後まで じっと食い入るように 絵本に見入って聞いてくれた。嬉しいよ〜(涙)

ところで、今朝レモンから 注意されてしまった。
「お母さん、学校に来る時には ちゃんと髪とかして来てね。この前 男の子に『レモンの母ちゃん、すげ〜ネグセ』って笑われちゃったんだよ!」
え〜っ! そんな事言われたの? しかも男の子に・・・・
髪はとかしてますよ 一応・・・・。でも、くせっ毛だし 仕方ないじゃん、朝忙しいんだから・・・。
でも、気をつけないとね。小学生を甘くみちゃダメって事よね。
今朝は、そりゃ〜念入りにブラッシングしてから 学校へ行きましたよ。
[PR]
by Rupinasu_3 | 2005-05-18 13:38 | 読み聞かせ日記

ドーナツいろいろ

今日は おっと君が会社に行ってしまったので、子どもと3人で
「なにしよ〜か?」と、相談の結果 ドーナツを作る事に。
子ども用の料理本に 簡単レシピがあったので
道具と材料だけ用意して、子ども達にまかせてみた。
今日はけんかもせず、妙に仲良く作っていて  楽しそう♪

揚げるのもやってみたいと言うので、そばに付いて火加減だけ私が見て
生地を入れて、中で裏返したり 取り出したりするところまで やらせてみた。
 「入れる時は 危ないから 気をつけてよ〜!」って、お手本見せて さんざん言ったのに・・・
レモンが 油の中に指をジュッ と入れてしまった。(T▽T)
幸い、たいした事無かったんだけど あぁ〜ビックリした。

クッキーの型を使ってみたら、膨らんでおもしろい形になって 子ども達も大満足
シナモンシュガーをまぶして 3人で ティータイム♪
子ども向け 簡単レシピを、ちょっと馬鹿にしてたら意外と おいしくてビックリ。
以前は、練った強力粉をイースト発酵させて、手間暇かけてドーナツを揚げていた私。
それはそれで、美味しかったけど こんな簡単に 美味しくできるなら 簡単な方が良いに決まってますよね。
今度からは、こっちにしよ。。。。
c0069222_9301780.jpg

[PR]
by Rupinasu_3 | 2005-05-15 21:03 | 小学生の母してます