今日の文庫

〓今日のプログラム〓
・かにむかし(岩波書店)木下 順二/文  清水 崑/絵
・まよなかのだいどころ(冨山房)モーリス・センダック
・モペットちゃんのおはなし(福音館)ビアトリクス・ポター

c0069222_1511503.jpg今日私が読んだのは「モペットちゃんのおはなし」
ピーターラビットの絵本第5巻の可愛い猫のお話しです。
ピーターラビットのシリーズは、文庫に来る小学生の女の子に大人気なんです。
入れ替わり立ち替わり、誰かが借りて帰っていた時期もあります。
今文庫に来ている3年生以上の子達は ほとんど 全巻読んでいるのではないでしょうか。
絵の可愛さだけではなく、自然界の厳しい掟等が結構リアルに描かれている部分も多く どれも読み応えがありますね。
なにせ絵本が小さいうえに、お話しは長いので 読み聞かせには向かないと思っていたのですが、絵本講座の先生が「モペットちゃんのおはなし」は、文も短くてとてもわかりやすいので、小さい子でも十分楽しめ、文庫等の少人数の読み聞かせなら大丈夫ですよ。と教えてくださったので読んでみる事にしました。
なんとかしてねずみを捕まえたい子猫のモペットちゃんと、ねずみの攻防戦なのですがモペットちゃんの作戦ときたら自分の顔を布で隠してすっかり隠れた気になっているのですから、笑ってしまいます。
そういえば娘達が小さい頃、顔だけ隠して隠れた気になっていた事があたっけ。(笑)
作戦が成功して見事ねずみを捕まえるのですが、なかなかうまくはいきません。
子猫のふわふわっとした感触が伝わってきそうな絵で、見終わると子猫を抱きたくなってしまいます。
読んだ後、2年生の女の子が借りて帰ってくれました。
このお話しなら、もっと小さい子にも喜んでもらえそうです。1巻から順に読まなくても、こういうのから順に楽しんでいけば良いのですね。


c0069222_15311212.jpg


今月の文庫は家が会場です。
「月のきれいな夜に読みたい絵本」と題して
月がきれいな絵本を集め、
「つきのぼうや」のポスターを描いて、
絵本と一緒に飾ってみました。
[PR]
by Rupinasu_3 | 2005-10-19 15:03 | 読み聞かせ日記


<< ハロウィンかぼちゃ ポートボールに燃えてちゃいました! >>